日帰りで出来るレーシック手術

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。

 

現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。

人間ドックならこちら
http://www.kobayashi-mriclinic.com/



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2018/2/19

腹筋体操に関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋体操を50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビでシェイプアップに成功した芸能人が
「毎日、腹筋体操を100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

シェイプアップに詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
シェイプアップ効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋体操を100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数の体操は
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
体操学では基本的なことです。

シェイプアップでは
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
からだのラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数の体操は適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
シェイプアップでは15〜20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15〜20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15〜20回で行い、
2〜3セット行うのが効果的な
ウエスト周りの筋肉の鍛え方となります。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。