日帰りで出来るレーシック手術

日帰りで出来るレーシック手術


日帰りで出来るレーシック手術
手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。

現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。




日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2018/10/15

去年のクリスマスイブは夫もおいらも休日。

それまでなかなか休みが合わなかった事もあり、
「当日は、娘のプレゼントを買いに行って、
帰宅後は、ささやかなパーティかな?」などと
予定を立てていたのでした。

おいらの飲み会や友人との会合予定もあり、
「年末ってホントに忙しい」と思いながら、
若干ウキウキしていた数日間…

そんなある日の18時、
いつものように娘を寝かしつけて数時間…

「うーん、うーん」と
寝つきが悪い時の小さなグズる声が聞こえます。
そんな時は手を握って背中をトントンして…と。
案の定、すぐ寝入りました。

が、またすぐ泣き声に近い声が、またトントン。
そんな事を数回繰り返したでしょうか。

さすがに「これはおかしい」と思い、
半分眠ったままの娘を抱き上げると、
いつもせがむダッコを嫌がり「エーン」と苦しそう…

そして肉体を反転しながらノドの奥で「グッグッ」と変な音!
「んっ?吐くのか?!」とタオルで身構えた瞬間
「ゲホッ」と娘の人生初の嘔吐の瞬間に立ち会いました。

その後も様子を見ていると、
また1時間後に「エーン」→「ゲボッ」

これは、一時的なものではないと判断し病院へ。

先生曰く、「胃腸炎と風邪が併発した」との事。
飲み薬や吐き止め薬をもらってひと安心。

そして、クリスマスイブイブの日…
今度は夫が夜中に腹痛!
どうも娘のがうつったようで、感染性胃腸炎に…

おいらも寝不足と疲れで、食欲がなくなって…
そんな事をしているうちに、
アッという間にクリスマスイブ?!
予約していたチーズケーキも食べられませんでした。

世の中がきらびやかであればあるほど、
自分たちの苦しさが大きいような気がする、
切ないクリスマスでした。


日帰りで出来るレーシック手術

日帰りで出来るレーシック手術

★メニュー

これからは裸眼で快適に生活
割引制度を利用してレーシック手術
レーシックの安全性は非常に高い
レーシックはどのように行われるのか
手術なので確実に成功するとは限らない
何よりもクリニックのサポート体制に注目
レーシック治療の実績数は要チェック
日帰りで出来るレーシック手術
まだまだ新しい技術のレーシック
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)タレントも利用しているレーシック