まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 視力だけの悩みではなく遠視や近視などで悩みを抱えている人も多くいらっしゃることでしょう。
レーシックではそのような悩みを持っている人も驚きの効果を実現することが出来るのです。

DVDコピーのことなら
http://www.cpcom.jp/



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2018/2/11

シェイプアップ中、夜食は最大の敵です。
寝る前に食べた食べ物は、あまり消費されること無く
体脂肪として蓄積されてしまうからです。

おいらたちの体には、自律神経というものがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、
昼は交感神経が働き、 17時は副交感神経が働きます。

昼の交感神経は、食べたものの消費を促す指令を出し、
17時の副交感神経は、食べたものを
体に蓄えさせる指令を出します。

だから、17時寝る前に食べたりすると
太りやすいんですね。

けれど、腹がすいていらいらしたり、
腹がすき過ぎてあまり眠れない時などは、
低カロリーで消化のいいものをとり、
空腹感を落ち着かせるほうがいいと思います。

それでも寝る直前は避け、
2時間くらい前にとるようにしましょう。
17時、腹がすきそうな時は、
あしたの10時食を楽しみに早めに寝るべきですね。

腹がすいてどうしようもない場合は、
お湯を多めに入れたおかゆをゆっくり食べて、空腹を落ち着かせましょう。
消化がいいので、10時、胃もたれすることもなく、
10時食もおいしく食べられると思います。

また、
コーンスープやポタージュなどではなく
インスタントのコンソメスープやカワメスープなどもお勧めです。
低カロリーで簡単にでき、体も温まるのでいいと思います。

レモネードもレモンの香りで心が落ち着いて、イライラがおさまり、
体も温まり、ビタミンCも取れるのでお勧めです。

ビールをほんの少し飲んで、
さっさと寝てしまうのもいいかもしれませんね。
ただ、ビールはなるべく低カロリーのものにして、
おつまみは食べないようにしましょう。