まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 視力だけの悩みではなく遠視や近視などで悩みを抱えている人も多くいらっしゃることでしょう。
レーシックではそのような悩みを持っている人も驚きの効果を実現することが出来るのです。

DVDコピーのことなら
http://www.cpcom.jp/



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2018/5/16

減量でも過度に行い過ぎると、
身体に変調をきたしてしまいます。

とにかく少しでも体重を減らしたいからと、
無理な減量をしても、
その反動で食べてしまって
リバウンドしたという話もよく聞きます。

だから、減量は
極端なものではなく、ほどほどにすべきなんです。

バランスよく食事をしながら、
適度に取り組んだ減量なら、
無理なく続けられるし、美容にもいいです。

過度な減量によるトラブルには、
お肌の荒れが一番ありがち。
お肌がガサガサになったり、吹き出物ができたりします。

これは、バランスよく栄養を摂取しなかったことによる
肌トラブルです。
キレイになるための減量ですから、
美容にも気をつけなければなりませんよね。

過度な食事制限の減量で栄養が偏ると…、
貧血やむくみ、脱毛が起こることもあるんですよ。

行き過ぎた減量が原因で、
骨粗鬆症になる若い女性が急増しているそうですよ。

食事制限でカルシウムが不足し、
骨粗鬆症になってしまうんですね。
若いうちは平気でも、
年をとると、発症する可能性が高いみたいです。

また、便秘にもなります。
これは、食物繊維が不足するせいもありますし、
ご飯を我慢して、
便となるべき原料が不足するせいでもあります。

摂取カロリーを抑えようと肉類を減らすのもよくありません。
タンパク質が減少して、
脂肪が燃焼しにくい身体になってしまうからです。

無理な減量は
頑張れば頑張るほど、やせにくい身体になるんです。

栄養を気遣いながら、適度に行うのが、
美容と健康を損なわず、かつスリムな身体になれる
一番の減量法だと思います。

・・・と、こんな事書いてみる